よく当たる競馬予想サイトを活用する|娯楽はロマン

困難なレース

お金を見せる女性

混戦レースが多いです

競馬のレースにおいて紛れが多く、馬券的に荒れやすくて面白いレースが多いのは芝の1200メートル戦でしょう。この距離の出走して来る馬は未勝利戦からオープンクラスまで非常に多く、大半のレースがフルゲートでの争いのなっています。この距離の競馬予想が難しいのは馬の心肺機能にも原因があると言えます。一般的に競走馬が一気に走り切ってしまえる距離は1000メートル前後だと言われています。従って1200メートルは息を入れずに走り切ってしまうには少々長く、各馬とも道中どこかで息を入れなければなりません。よってペース配分が鍵になるのですが、毎回似たメンバーが走っても着順が変わるようにペース配分も難しいので、競馬予想の際に軸馬を見つけられないケースが多いのです。

ボックス買いで馬券を組み立てるのも良いです

競馬予想が難しい距離は条件の場合、軸馬から流す馬券作戦よりも、好走しそうだと予想した馬を数頭組み合わせてボックス買いで馬券を考えることも一つの作戦です。こういう買い方は買い目が増えてしまいますが、難解なレースを競馬予想する際には最適であるとも言えます。多頭数で道中不利を受けた場合、距離が短いと致命傷になって取り返しがつかなくなります。人気上位馬がこういった不利に巻き込まれる可能性も多頭数の場合大いにありますので、手広く馬券検討をして正解と言えます。また、逃げ切りも至難の業であるこの距離ですが、時にそういった下馬評を覆して人気薄で楽々と逃げ切ってしまう馬もいます。従ってボックス買いの馬券予想に逃げ馬も必ず絡めておきたいものです。